第16回若年者ものづくり競技大会の出場結果

 全国から選抜された、職業能力開発施設・工業高等当において技能習得中の20歳以下の若者が、その持てる力を競う「第16回若年者ものづくり競技大会」が愛媛県において開催され、本県から12職種16名の選手が参加したところ、次のとおり入賞を果たしました。
 結果は中央職業能力開発協会Webサイトからも閲覧いただけます。


銀賞 電子回路組立て職種
   稲田 颯汰 選手 (県立松山工業高等学校)

銀賞 電気工事職種
   佐藤 伶 選手 (県立今治工業高等学校)

銀賞 ロボットソフト組込み職種
   西 一太 選手、眞鍋 拓巳 選手 (新居浜工業高等専門学校)

   ※ロボットソフト組込みは、2名1組

銅賞 グラフィックデザイン職種
   小泉 ひな 選手 (河原デザイン・アート専門学校)

銅賞 造園職種
   石丸 誠 選手 (県立松山工業高等学校)

銅賞 造園職種
   井上 音 選手 (県立西条農業高等学校)



 なお、今大会の成績は銀賞3、銅賞3となり、過去最多のメダル獲得数となりました。
 ※これまでの最多獲得数は5

 参加された選手の皆さま、お疲れさまでした。
 また、参加された選手を応援いただきました保護者、先生、指導者、関係者の方々につきましても、参加選手に寄り添い、本大会の挑戦にご支援いただき、誠にありがとうございました。
 大会での経験が技能向上につながり、今後の職業人生でも役立てていけることを願っております。